顎関節症

※合併症麻酔に一歩深い知識を



分類

※顎関節症学会分類
Ⅰ型 咀嚼筋障害を主徴とし、咀嚼筋障害が生じるもの。運動時痛と運動障害が生じる。
Ⅱ型 関節包、関節靭帯、関節円板の伸展や捻挫などを主徴とし、運動痛や圧痛がメイン。運動障害や関節雑音、筋痛を伴うこともある。
Ⅲa型 関節円板の転位や穿孔、線維化を主徴候とし、関節雑音が主体となるもの。関節円板が復位するときにクリックと呼ばれる関節雑音を生じる。
Ⅲb型 関節円板の転位や穿孔、線維化を主徴候とし、関節雑音が主体となるもの。関節円板が復位しないため引っ掛かり、開口障害や顎関節の痛みが生じる。
Ⅳ型 変形性関節症、関節軟骨の破壊、下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・展化、関節円板や滑膜の変形異常などが主徴であり、関節雑音としてミシッというクレピタス音が特徴的なもの。X線所見上も大きな異常を認める。
Ⅴ型 上記以外だが顎関節に異常を認めるもの。

概要

顎関節症とは顎関節の痛み、異音、運動障害(開口障害など)を三主徴とする疾患です。
その原因は嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症など多岐に渡ります。
麻酔に関係してくるところは、開口障害の有無と開口障害がある時にどのように対応するかがメインとなってきます。

注意点

① 顎関節症の型を理解する。

型によって対応が変わってきますので、該当する患者の型を理解しておきましょう。

Ⅰ型やⅡ型の場合には無理な開口により症状が増悪する可能性があるため愛護的に行う必要がありますが、治療不可能な状態まで大きく症状が増悪することはまずありませんので、必要とあれば開口させることも可能です。好みによりますが意識下挿管をするくらいなら開口してしまっても構わないでしょう。
Ⅲa型の場合は異音だけで開口自体は問題ないため、挿管には特に問題ありません。ただし、Ⅲb型のクローズドロックが突然出現する場合もありますので、整復法を確認しておくようにしてください。
Ⅲbの場合はクローズドロックと言われる状態が生じているため開口障害を生じていますが、筋弛緩が効いた状態では下顎が動きやすくなるため用手的にクローズドロックを解除できる場合もあります(下図)。ただし、Ⅲb型はクローズドロックが長時間続いている場合には線維化してしまいⅣ型に近づいてしまっている場合があります。緊急性が低い場合は歯科で治療を優先するようにすれば良いでしょうが、緊急性が高く用手的に解除できない場合には解除できないことを覚悟してⅣ型に準じた対応をする必要があります。
顎関節症.jpg
両手で奥歯を持つようにし、前歯を持ち上げながら奥歯を押し下げるように引っ張る。
※引用サイト:臨床ワークブック
Ⅳ型の場合は線維化などで物理的に開口障害が生じているためどうやっても口が開きません。

② 開口障害が存在する場合の挿管方法

開口障害の度合いにより対応が変わります。
まずは通常の挿管が可能かどうかを確認し、難しいようならマックグラスやエアウェイスコープなどの挿管器具の使用を検討すれば良いでしょう。それも難しい場合にはファイバー挿管する必要があります。可能なら意識下挿管が望ましいです。
もし全く開口ができない場合には経鼻挿管を検討する必要があります。鼻から通した気管支チューブをファイバーで誘導するようにして挿管します。

  • 最終更新:2017-06-08 23:11:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード