維持

※麻酔科研修で必ず持って欲しい一冊です

※このサイトは要点のみを記載するようにしています。きちんと勉強するには成書を参照することを強く勧めます。


0.維持について

 基本は麻酔の三要素(鎮痛、鎮静、筋弛緩)の3つを意識しながらバイタルの調整などを行っていくことになります。

 麻酔科医はパイロットにたとえられることも有りますが、維持は上空に達して安定させる状態です。安定した状態ではかなり楽をすることができますが、荒れている中飛行するのはなかなか骨が折れます。
 パイロットと違うのは、麻酔の維持法は施設が違うと全く方法が変わることです。同一施設で同じような教育を受けたスタッフであっても方法論が全く異なることが有ります。研修医からも「A先生の言う通りに管理していたらB先生に怒られた」等と言われることも有ります。
 他人のやり方を否定せず、うまく言っている方法があれば全て正しい麻酔法と広い心を持ち、自分に適した麻酔法を取りいれ、模索していくようにしてください。

 上記の理由から、ここでは一般論しか記載しません。

1.鎮痛

2.鎮静

3.筋弛緩

4.バイタル

5.その他


  • 最終更新:2017-03-16 01:35:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード