手術体位ごとの注意点

※麻酔科研修必帯の書。ポリクリにも。



体位 マーク 概要
仰臥位 仰臥位2.jpg 最も基本的な体位です。一見ただ寝ているだけですが、肩の外旋や腕の巻き込みなどバリエーション自体は豊富です。
  ビーチポジション 座位.jpg ビーチチェアに横になっている人のように上半身のみを持ち上げ、座るような体位です。
頭低位 トレンデンブルグ.jpg トレンデンブルグ位とも。仰臥位から台を傾けるだけですが、血流がダイレクトに頭側に行くためリスクの大きい体位でもあります。
頭高位 逆トレンデレンブルグ.jpg 逆トレンデンブルグ位とも。仰臥位から台を傾けるだけですが、肺が広がりやすく、脳血流が減少しやすい体位です。
懸垂位 頚伸展位.jpg 基本的には仰臥位ですが、首を後方にそらすようにします。
砕石位 砕石位.jpg 下肢を持ち上げる体位です。仰臥位と似ていますが下肢の合併症が出ることがあります。
側臥位 右側臥位.jpg
左側臥位.jpg
体を横に向ける体位です。右側臥位と左側臥位に大別だれます。上の腕を固定するのが基本です。
  半側臥位 仰臥位と側臥位の中間のようなポジションです。
腎摘位 基本的には側臥位ですが、ベッドを少し折り曲げ、側腹部を突出させるようにします。
パークベンチ位 右パークベンチ.jpg
左パークベンチ.jpg
基本的には側臥位ですが、上の腕が垂れています。公園で酔っ払って寝ている人が名前のモデルだと思われます。
腹臥位 伏臥位.jpg 腹側を下にする体位です。最も危険で麻酔加算の高い体位でもあります。
  ジャックナイフ位 ジャックナイフ.jpg 腹臥位からさらにベッドを折り曲げます。
※管理人メモ:体位新規ページ

  • 最終更新:2017-05-19 14:02:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード