心臓構造の用語・基本の確認

※実践的な経食道心エコー参考書



用語集

一次腱索 乳頭筋から始まり僧帽弁の先端に付着するもの。
二次腱索 乳頭筋から始まり僧帽弁の表面に付着するもの。
三次腱索 心室壁から始まり僧帽弁の基部に付着するもの。
心膜横洞 左房と上大静脈・肺動脈の間で心膜が折れ曲がることによって形成される間隙。
心膜斜洞 肺静脈間で心膜が折り曲げられることで形成される間隙。液体貯留を伴いやすい。
キアリネットワーク 由来は不明だが右静脈弁の遺残とされる有窓構造。下大静脈の入り口部から心房中隔に伸びる。心房中隔瘤や卵円孔開存を合併することも多い。
クマジン稜 左房と左上肺静脈間の正常な境界であるが、一見して左房内血栓のように見えるため、誤診されてワーファリン処方されることもある部位。
モデレーターバンド 右室に存在する、自由壁と中隔から構成される非対称な三日月形。ほとんどの健常人に存在する。
櫛状筋 左心耳内に観察される構造物。血栓と間違えられることがある。
ユースタキウス弁 下大静脈弁とも呼ばれる。胎生期には卵円孔に繋がるもの。サイズがあるため血栓などと間違えられることがある。
テベシウス弁 冠静脈洞の開口部に存在する弁状の構造物。冠静脈洞へのカニュレーションを困難にする場合がある。
仮性腱索 左室内を横断するフィラメント状の構造物。本来の場所と異なる場所を走行するものだが病的意義はない。
分界陵 上大静脈から下大静脈にかけて広がり、右心房を肉柱のある部分と平滑な静脈洞部へと分割する筋性の隆起
三心房心 異常隔壁が存在するために左房が三つの部屋に分割されてしまう状態Fallot四徴症内臓心房錯位症候群部分肺静脈還流異常などを合併する。これ自体でも肺静脈の鬱血を生じるため、切除するのが基本。
Aortic valve side 大動脈の三尖を正三角形と考えた場合の一辺の長さ。
'  
'  


画像

キアリネットワーク

ans_ch6.jpg

モデレーターバンド

ap5ch.jpg moderator_band_lg.jpg
※引用サイト:MEDICAL TERMINOLOGY DAILY

櫛状筋

t02200229_0373038911533429096.jpg

  • 最終更新:2017-03-16 09:24:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード