心臓弁膜症

※合併症麻酔に一歩深い知識を



分類

重症度分類があるが、心臓の弁についてのページに解説を譲る。

概要

弁膜症とは先天的又は後天的な異常によって弁の狭窄や逆流などが生じるものである。
複数の弁の合併も多く、症状によって管理方法が大きく変わってしまうため、各論的に考えるよりは弁の異常を論理的に考え、適切な管理法を選択する必要がある。
上記の内容もありかなりおくが深い分野なので、詳細は成書を参考にした方がいいと思います。このページでは要点を中心に記載していく予定です。

注意点

① 大動脈弁狭窄症

特に心筋虚血に注意。

A.輸液は十分に、頻脈や徐脈を避ける
・後負荷の増大により求心性の心肥大が生じやすく、拡張期血圧も上昇しやすいため心筋虚血になりやすい。そのため十分な輸液負荷と鎮痛を加え頻脈の防止をする必要がある。なお、冠動脈狭窄が原因のものではないので心筋虚血時にNOの系統は効果が弱い。酸素濃度を上昇させた上で、ベラパミルやβ遮断薬で頻脈を抑えるか、フェニレフリンなどで心血流を保つ。
・弁口面積が限られるため、1回拍出量に限界があるため徐脈になると循環血液量そのものが低下してしまいる。徐脈時はアトロピンを使用しますが、普段の投与量の半分だけ投与して反応をみるなど慎重に投与する。

B.必要に応じてモニターを選択する
虚血を見るために5誘導の心電図が推奨されます。
必要に応じてスワンガンツカテーテル、TEE、フロートラックセンサーなどを使用してモニタリングする。


② 僧帽弁狭窄症

特に肺高血圧に注意。

A.輸液は十分に、頻脈や徐脈を避ける
狭窄した弁口を通過させるために十分な輸液をする必要がある。
また、左房圧が上昇しやすく、頻脈では左房から左室へ血液が流れる時間が短縮されるため、左房の血液貯留が生じやすくなり、肺静脈圧の上昇から肺水腫が誘発されることがある。また、左房から左室への血流量にも限界がある徐脈時には左室を十分満たすことが出来ず、循環血液量の低下を生じる可能性がある。
''
B.肺血管抵抗の上昇に注意''
肺血圧の上昇により肺水腫が誘発される可能性がある。
肺に負担がかかる体位やPaO2の低下、PaCO2の上昇を避けるとともに、笑気やα刺激薬の使用を避け、必要に応じてカテコラミンを使用する。肺血圧の上昇に繋がるため、β遮断薬は使用しないこと。

C.心房細動の合併に注意
左房拡張により心房細動が合併していることがある。
合併の可能性がある場合には必要に応じて心房内血栓の検索をする必要がある。

D.モニター
必要に応じてスワンガンツカテーテル、TEE、フロートラックセンサーなどを使用してモニタリングをする。


③ 


  • 最終更新:2017-06-08 23:09:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード