基本的な超音波用語の確認

※エコー装置の基礎がよくわかる本


※ページ作成者は物理学に全く詳しくありませんので、間違いがあれば指摘をよろしくお願いします。


用語集

各計算式はTEE計算式一覧のページにあります。
Aモード 振幅(amplitude)モード横軸に深さ、縦軸に反射強度を取り、ある一直線上の深さごとの強度を探査するもの。平面で映し出せるBモード以上のメリットがなく、現在ではあまり使用されていない。
Bモード 輝度(Brightness)モード。一般的に使用される、2D表示を行うモードであり、構造物の断面を認識することが出来る。
Mモード 動作(motion)モード。指定した直線方向の動きを時系列で見ることができ、心室の動きなどを観察する際に有効。
ドプラーモード ドプラーの原理を利用して、接近してくるものを赤色、遠ざかるものを青色で表すことで、逆流の有無など、血流の異常を確認するモード。方向、流速、パワー、分散の4つの情報が得られる。
パワー 反射されるドプラ信号の強さ
分散 血流の乱れ具合
層流 流れる方向が一定で流速が均一の流れ
乱流 流れる方向が不均一で血流速度も均一でないもの
速度表示 カラードプラにおいて方向、平均速度を表示するモード。カラーマップの中央部は黒くなっており、その上側には向かってくる血流(赤色)が、下側には離れていく血流(青色)が示されている。
速度分散表示 カラードプラにおいて方向、平均速度、分散を表示するもの。分散はこれのみで確認できる。カラーマップでは速度表示に加え分散表示もされている。分散表示では左側が層流、右側が乱流を示す。
パワー表示 カラードプラにおいて方向とパワーを表示するモード。パワーはこれのみで確認できる。角度依存性が低くビームと直交する血流も表示できる。。
カラーゲイン ドプラ画像における色調の感度。背景のノイズが見えなくなるくらいに調整する。
カラーマップ カラー表示の値と色を対応させるもの。速度表示と分散表示の二種類がある。
カラーセクタ 断層エコーにおけるカラー表示の範囲のこと。カラーセクタが狭いほうが時間分解能が上昇する。
方位分解能 水平に並んだ二つの物体を識別できる能力。超音波ビームの直径と同じとなる。
縦方向分解能 距離分解能ともいう。超音波と同方向に並んだ二つの物体を識別できる能力。空間パルス長の半分に等しい。
スライス方向分解能 超音波と直交する物質を識別する能力
空間分解能 方位分解能、縦方向分解能、スライス方向分解能を総合した言葉。
時間分解能 特定の瞬間における動作中の物体の正確な位置変化を把握する能力。フレームレートが高いほど上昇する。
レンジ分解能 サンプルボリュームを用いて的確な位置でドプラ偏移を測定する能力
フレームレート 1秒間に処理する静止画像数。フレームレートを増やすことで時間分解能が向上する。ただし、走査線量を増やし画質を向上させるとフレームレートは減少してしまう。
視野深度 エコーを走査する深度のこと。視野深度が深くなるとパルス持続時間が延長する。
連続波ドプラ法 連続的に超音波の送受信を行う方法。そのため振動子が送信用と受信用に分かれている。流速による制限なく高流速の測定が可能になるが、反射波の深さが正確にわからないという欠点がある。
パルスドプラ法 超音波をパルスとして放出し、その反射波を受信してから次のパルスを送ることで間欠的に送受信を行う方法。任意の位置で血流信号を捕らえることが出来るが、折り返し現象が生じる危険がある。
折り返し現象 パルスドプラ法で流速を測定している際、測定限界を超えたら逆に流速を低く見積もってしまう現象。高速回転しているプロペラが逆回転しているように見えたり、ゆっくり動いたりしているように見えたりする現象と同じ。ベースラインシフトや速度レンジの変更で対応する。
ナイキスト限界 折り返し現象が発生するドプラ周波数。
ベースラインシフト パルスドプラにおけるベースラインを変更するもの。折り返し現象が出現した際には血流と逆方向に移動させると解消できることがある。
速度レンジ パルスドプラにおいて定められる最大速度、スケールのこと。速度レンジを大きくすることで折り返し現象を解消できることもあるがパルスドプラでは限界がある。
ブライトネス 画像の明るさを意味する。過度に調整すると細かい部分を見落としやすくなるので注意する。
コントラスト 画像の明るさの幅を表す。低いコントラストでは明るさの幅が狭くなる。
シネループ 選択したいくつかの画像を延々と繰り返すこと。
フリーズフレーム 得られた画像のうち一つのフレームを停止させ表示させること。
組織ドプラ法 壁運動速度を測定するためのモード。通常のドプラで排除されている低周波数の信号を表示するとともに、高周波数を取り除くことで組織をカラー表示できるようにしたもの。
'  
'  
'  
'  


画像


  • 最終更新:2017-03-16 09:21:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード